1887

新型コロナウイルス(COVID-19)へのOECD政策対応

このシリーズは、健康、経済、社会の危機に対処し、社会の調和を促進し、この甚大な世界共通の課題に立ち向かう上で必要とされるグローバルな協調行動に寄与する様々な問題に関するデータ、分析、提言をまとめています。医療から教育、税制まで幅広い問題に対する政策対応をまとめ、影響を受けた分野で採るべき短期的措置に関する指針を提供し、特に社会経済の脆弱な部門に焦点を当てています。また、各国間で調和の取れた政策対応をもって、強く危機対応能力があり、環境に配慮した包摂的復興を目指して長期的な結果と影響を分析しています。

Japanese Also available in: Spanish, Portuguese, German, French, English

観光業の再建: 新型コロナウイルスへの政策対応と復興

観光業の見通しは依然として非常に不透明である。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは引き続き大きな打撃を与えており、2020年には海外渡航(international tourism)が約80%減少すると予想されている。国内観光は、少なくとも部分的には打撃を和らげるのに役立っており、各国政府は、雇用と企業を保護しつつ、観光業を回復、再活性化させるために大胆な行動を迅速にとった。また、多くの国々で、COVID-19後の観光経済の回復力を高める対策が進められている。その中には、観光業の持続可能な復興を支援する計画の策定、デジタル化と環境に配慮した観光システムへの移行の促進、将来に向けた観光業の再考などが含まれている。

Japanese Also available in: English, French

This is a required field
Please enter a valid email address
Approval was a Success
Invalid data
An Error Occurred
Approval was partially successful, following selected items could not be processed due to error